「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ベンリアック1972 34年 49.7% 700ml

c0110979_14565380.jpgこのところ勢力的で価格的にも味的にも評価の非常に高いベンリアック蒸溜所のシングルカスクボトリング日本限定商品を飲みました!! 前回発売された1975や30年熟成などは本当に美味しかったです。 
ベンリアック1972は、34年間されたホグスヘッドで熟成されたとメーカーのリストに記載されていました。
(メーカーリストより)
トップノートのランシオ香、グレープフルーツ、白檀の香りに、モルトファンを魅了する長熟ベンリアックの良さが200%表れています。味わいはダークチョコとグレープフルーツで、長く続くフィニッシュは神々しいほどです。味にうるさい日本人のためにビリー・ウォーカー(マスターブレンダー)が選び抜いた今年最高の1樽です。
色:ディープゴールド
香り:ランシオ香、グレープフルーツ、ピーチ、ミント、汗、白檀。
味:グレープフルーツ、ピーチ、ダークチョコレート、ナッツ、乾いたオーク材。

メーカーのテイスティングコメントどうりで香りにグレープフルーツやピーチを感じるフルーティーさにミント、白壇、味わいはしっかりとグレープフルーツ、ピーチ、ナッツ、スパイシー、旨み、フィニッシュは長く心地よい。
価格的にはちょっと高いと感じる方もいらっしゃると思いますが・・・ 他の蒸留所の限定品70年代前半の物と比べて非常にお買い得に思えます。
[PR]
by hiro.pop16 | 2007-10-31 14:57

ラフロイグ25年 40% 700ml

c0110979_1411250.jpg人気蒸留所ラフロイグのオフィシャル新商品、ラフロイグ25年 40% 700mlを飲みました。
ラフロイグ蒸留所の定番商品は、バーボン樽の熟成品しかリリースしていませんでしたが、今回は初のシェリー樽熟成とバーボン熟成のブレンドです。
25年熟成のセカンドフィルスパニッシュオロロソカスクと、同じく25年熟成のファーストフィルアメリカンバーボンカスクをブレンドしたものです。
どちらの樽も、熟成途中で他の樽から移したのではなく、蒸留直後のニュースピリットから、25年間熟成されてきたものと言われています。
オロロソカスクに関しては、ファーストフィルではシェリーの影響が強く出すぎでしまうため、あえてセカンドフィルを使用しているとの事!!

オフィシャルの25年物、値段は高いな~っと思いますが・・・  (30年の方が多少安い)今の状態ですと(世界的アイラ人気&ユーロ高)しょうがないのかな~なんて思ったりもします。

味に関しては・・・ 1974 31年と1989 17年を混ぜて加水したような感じですかねぇ~  
自分的にはフルーティでやさしいアイラが好みなので好きですが、もう少しアルコール度数が高ければとも思いました。

パンチ派の方には物足りなさは感じると思いますが・・・  やさしくスモーキーなアイラも良いですよ。
[PR]
by hiro.pop16 | 2007-10-17 14:05