2007年 03月 28日 ( 1 )

KINGSBURY FINEST&RAREST バリンダロッホ1971 34年 700ml 51.2%

c0110979_1332169.jpgこのシリーズ、すごく良いんです!!って自分だけですか??
前に発売された、クライヌリッシュ1972・タムナヴーリン1977 or 今回発売のバリンダロッホ1971もいい感じでした。  

タムナヴーリン1977 27年 700ml 56.2%!!
(販売予想価格¥12.120~12.880)
よく言う南国フルーツのニュアンスがあり、かなりマニアックな蒸留所のモルトですがぜひ1度何処かのBARで試してもらいたい1本で価格と味のバランスがGOOD!!度数も56.2%といい感じ、メーカーにまだ多少の在庫はあるようです。

クライヌリッシュ1972 32年 700ml 53.4%!!
(販売予想価格¥15.850~16.200)
こちらもいい感じの長熟クライヌリッシュの良さがしっかり感じるアイテムです。 価格も1万円台で1972と買いやすい価格です。 メーカーの在庫は、そろそろ無くなる頃だと思います。

バリンダロッホ1971 34年 700ml 51.2%
(販売予想価格¥19.720~20.880)
今回のバリンダロッホ(グレンファークラス)にしては、色合いの薄い物でメーカーに確認した所、リフィル・シェリーとの事です。 オレンジジャム、バニラ、やさしいシェリーを感じる。 フィニッシュも長めでいい感じ。
クライヌリッシュやタムナヴーリンと比べるとコストパフォーマンスはちょっとと感じますが・・・ 他のボトラーの物よりは良いのではないでしょうか?? 

最近、70年代前半瓶詰めの物でも2万円台の物が増えきたように思えます、本当に価格と商品の価値の合うものが減ってきたようでさびしいですが、実際の所、70年代前半蒸留の原酒も減ってきているようなのでしょうがないのかもしれませんが・・・
[PR]
by hiro.pop16 | 2007-03-28 13:41